会社案内デザインの基礎知識

 ビジネスを成功に導き、優秀な人材を獲得する
会社案内デザインの基礎知識についてご説明いたします。 

  100%ご満足〈プロ御用達〉日本グラフィックデザイナー協会会員
 株式会社小野デザイン TEL. 03-3774-8098
どんなことでもお気軽にご相談(無料)ください。
 
会社案内
最近の会社案内のトレンド(傾向)について
 
 
社風、理念といった目に見えないものを伝えるのが目的
造本、用紙の手触り感など、冊子全体を通して、雰囲気が伝わるコンセプチャルなもの
デジタルが主流な中、紙が温かみを伝え、印象に残る。
 
●情報のコンパクト化(ポイントの集約)簡単にすぐわかるもの
ビジネスシーンなどのきっかけ(つかみ)
情報過多の中、素早く知りたいため
読み込むものよりも大枠がわかるもの
 
●情報は網羅しない、効果のある情報を厳選
ムービーやホームページと情報提供の役割分担
 例)商品やサービスの詳細、スペックなどは、別途カタログやホームページ上で紹介
 
●大手企業様と中小企業様との違いが明確
大手企業様の場合、情報を網羅的に掲載します。
それに対して、中小企業様は1つのテーマで会社案内を作っています。
 
●意識の変化
お金を稼ぐことよりも社会的な意義のあることに仕事を求める若者がふえてきています。
社会的ミッションや堅実さが求められています。
 
●会社案内の更新は1年に1回、もしくは2年に1回
更新により自社を見直すきっかけになります。
 
●ホームページからダウンロードできるPDF化
印刷経費削減のため、都度プリントアウトで対応
カバーのみ作成し、中身は必要なもののみ プリントアウト
 
●社員用のコンセプトブックを作ることもあります。
会社案内を作ることで、会社の価値を再認識し、
その価値を社内に伝える目的で、
クレドやコンセプトブックを作るケースもあります。